衰退を決定づける方向性

音楽、マンガ、お笑い等、ポップカルチャー情報をチェックしてるナタリーが、最近変わったよなぁーと感じてる。

ケーディーディーアイ傘下になったんだっけ?それ以降、魅力であった熱量が一切無くなった印象。何よりも良いトコロだったでしょ!

今となっては、シンラネットの方が、全然内容良いよ!追い打ちかけるように、今日更新された、漫画家・東村アキコブログを読み、もうナタリー終わったな・・・というカンジ。

何でも、アルバイト情報誌「アン」から広告収入を得て、東村アキコさん本人には単なる「アルバイトに関するインタビュー」という説明だけして、承諾も得ず、まるで彼女が「アン」の広告塔にでもなった記事を作成。

そして拡散。コレ、大問題に発展の予感。本とか出しちゃって、変な動きしてたもんねぇー。